一般的に賃貸物件の場合、入居者の退去時にフローリングの目立つ傷や

焦げ・シミなどは管理会社さんが修繕工事を行います。


入居者の過失による物は修繕費を請求される事となりますが、

これは一般的な物件も高級物件でも同じです。


当店では、このような修繕が必要なフローリングの傷などを大手管理会社様や

町の不動産屋さんなどから修繕依頼をいただいております。


しかし近年は、お引越しの際に目立つ傷は管理会社さんに

修繕してもらうのではなく、退去前に自分で修繕をしてしまいたい。


この様な方々からの傷補修依頼やお問い合わせを非常に多く

いただいております。



【お引越し前に自分で修繕する理由として、よくお聞きするのは・・・・】

『管理会社さんに直してもらうと、請求金額が不安』

『管理会社さんに補修料金を聞いたら高額だった・・・』

『フローリングの全面張替えを要求されたらどうしよう・・・』

『賃貸契約書に退去時の壁クロスは全面張替えを致します。と

書いてあるのでフローリングの傷も不安』

などのお話をよく耳に致します。

実際にフローリングなどは、普段の生活の中で小さな傷やヘコミなどが

たくさん付いてしまうと思いますし、傷を入れずに生活するのは不可能に

近いのではないかと思いますが、この認識は管理会社さんやオーナーさんを

含め一般的な認識だと思います。

しかし物件のオーナーさんや管理会社さんは、退去時には次の入居者さんの

為にも目立つ傷だけは入居者さんの負担で修繕してほしい。と言うご意見を

お持ちなのは事実だと思います。

では【目立つ傷】の基準ですが、これは傷を見る方それぞれの主観的要素が

ある為に明確な基準はないのですが、「入居者さんの過失による傷で

一般的な生活目線でもよく見える傷」は修繕対象になりやすい

と考えた方が良いのではないかと思います。


また退去時の【傷が原因でのフローリング全面張替え】についてですが

傷が原因でフローリング全面張替えはあまり一般的ではないと思います。

一口に傷と言ってもいろいろな状態がありますので一概には言えませんが

余程の状態でない限り、傷によるフローリング全面張替えのケースは

少ないのではないかと思います。


では、その【余程の状態?】ですが、私の立ち会った事のある事例を数件

簡単にご紹介します。


・ペット禁止の物件で、ペットの尿による床材のめくれ(広範囲)と臭い

・室内(広範囲)を土足使用し、靴の踵部分による無数の凹み

・植木鉢の下が湿気により広範囲に変色し劣化(表面がボロボロの状態)

・部屋中(広範囲)に無数の線傷(原因は不明です)

・キャスターによる広範囲な床材のめくれ


上記のような場合、もちろん補修は不可能ではありませんが、費用対効果を

考慮すると部分的な補修修繕は得策ではありませんでした。


高級賃貸マンションや築年数などの諸条件により、フローリングの傷やシミに

対する修繕方法は管理会社さんによっても若干の違いがあるようですので

気になる傷がある場合には、事前に管理会社さんに問い合わせてみるのも

良いと思います。


当店では大手管理会社さんや地元密着型の不動産屋さんなどからの

傷補修依頼を多数いただいておりますが、退去時の立会検査の担当者さんには

傷に対しておおむね共通した見方や考え方があると感じております。

特に都内近郊の高級賃貸マンションでは下記の様な傾向が

感じられますので、ご参考になればと思います。


● 少量の小さな凹みは問題なしのケースが多い。

  (一般的な生活傷と判断される)



● 小さな凹みでも一か所に大量の凹みがあると修繕対象になりやすい。

  (小さな凹みでも一か所に多数あると目立ちますし、生活傷とは異なり

  賃借人の過失による傷と判断されやすい)


● 凹みではなく、えぐれ傷は小さくても修繕対象になりやすい。

  (えぐれ傷とは表面が割れていて、下地の木が見える状態ですが

  部屋を歩行した時の目線で良く見えるえぐれ傷は小さくても修繕対象の

  場合が多く有り、近くで見ないと見えない様な小さな傷は問題なし)


● 植木鉢や冷蔵庫の水漏れなどによるシミは修繕対象。



● 室内ドアやドア枠、巾木の角などに物をぶつけた様な傷は修繕対象。


● タバコなどの焦げは修繕対象。



● 建具(室内ドア)の傷や陥没などは修繕対象。

細かく挙げれば他にもいろいろとありますが、一方、物件がアパートの場合や

賃貸マンションでも比較的築年数の古い物件の場合などですと基準が

少し緩和されて「余程の状態でない限りは傷による修繕工事費の請求は行わない」

管理会社さんもあります。


次に修繕費用についてですが、管理会社さんに修繕していただく場合と

退去前にご自分で補修業者に補修を依頼する場合は費用に違いが出る場合が

あります。


これは管理会社さんや下請けリフォーム業者さんの利益分(マージン)が

関係しております。


地元密着型の不動産屋さんなどは修繕費用に利益分を乗せていない場合も

ありますので一慨には言えませんが、管理会社さん経由の修繕と入居者さんが

ご自分で業者に依頼する場合とでは、おおむね1倍〜2倍程度の費用差が


出る事が多いと思います。


でも、そもそもフローリングの傷補修っていくら位かかるの?

この様な疑問をお持ちの方は多いと思います。

金額だけでも知っておきたい方などはお気軽にお問い合わせ下さい。


メールにて傷画像を添付して下されば、無料見積りを致します。

またお電話でお話させていただければ、より詳しくご説明させていただきます。

ご訪問してのお見積りをご希望の場合、恐縮ですが有料となりますので

【テスト補修】をご覧ください。


フローリングの傷補修見積りで、傷が複数ある場合などは

お見積りにお伺いした際、無料テスト補修を実施致しております。

補修後の仕上がりをご覧いただいた上で、依頼されるかどうかを


お決めいただけますので、はじめてご利用になる方でも安心かと思います。

当店は個人商店ですので、良心的な対応を常に心掛けております。

是非一度、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

   
HOME 個人のお客様
法人のお客様
引越し時の傷補修
リンク
         
フローリング補修
建具(木製)補修
床ワックスの剥離
和室(白木)補修
個人様キャンペーン
法人様キャンペーン
料金表
出張料金とその他
メール
電話・FAX
Q&A
私が伺います
お知らせ事項
お引越し時の傷補修をお考えのかたへ